(社)日本ネイチャーゲーム協会 事務局スタッフの日記


by jnga-diary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Sharing Nature( 90 )

たくさんのフユイチゴ

よいしょです。

戸隠行ってきました。
すっごく涼しくて、いや寒くてビックリしました。
向こうはもう秋、いやいや冬かもしれません。
というのはほら、こんな感じ。

b0082951_18175467.jpg


フユイチゴかな?い〜っぱい実がなっていました。
(携帯カメラだとあまりいっぱいに見えないなぁ・・・)

前日の下見で確認して、その場で「最終日の朝はココに来よう!」と即決。
早朝の森、雨音の中を鳥のさえずりが心地よく響く木道を、
<サイレントウォーク>でゆっくりと歩いたその先、
この場所に子どもたちを連れて行きました。

「わ〜」っと歓声が上がるのではなく、
静かに自然の美しさを感じる時間を作れたのではないかなと思います。
子どもたちの心に残っているといいな〜。

戸隠の自然の粋な計らいに感謝感謝です。
[PR]
by jnga-diary | 2008-08-29 18:28 | Sharing Nature

ニッキーへ〜んしん!

よいしょです。

家から駅まで歩いていると、こんな葉っぱを見つけました。
閑静な住宅街、大きな林のある大邸宅の横の道です。

b0082951_1341373.jpg


「まさかね〜」と思いつつも、あまりにもイイ形なので、
協会まで持っていって“ムササビ博士”に見せたところ・・・


  杉並にいるとは思えないよね


とバッサリ切られました。ちぇっ。

でも、このまま捨てるのももったいないので・・・へ〜んしん!

b0082951_13415889.jpg


どうです?いい感じじゃないですか〜?
[PR]
by jnga-diary | 2008-08-06 13:47 | Sharing Nature

きれいな写真 パート2

引き続き、ヤマケイJOYのカレンダーから私のお気に入りの写真を紹介します♪

なんか話しかけてきてるみたいじゃないですか??
b0082951_18245057.jpg

わたなお
[PR]
by jnga-diary | 2008-07-17 18:25 | Sharing Nature

きれいな写真

渡直です。
いろんな動物の写真を見ていると
何かがこみ上げてくるんじゃないかってくらい
「く〜〜〜かわいい〜〜〜っ」って思うことがあります。
私はそんな写真やポストカードに出会うと、デジカメや携帯のカメラでとって
自分のパソコンのデスクトップや、携帯の待ち受け画面に設定しています。

自分が撮った写真じゃないけど、自分が撮ったつもりにもなれて、ちょっと嬉しかったりします。

最近のヒットはこの1枚。2006年度のヤマケイJOYの付録?のカレンダーにあった1枚です。
しほっちが鹿児島に行ってしまう前にプレゼントしてくれました。
デスクの脇にいつも飾っていて、こちらにジャンプしてきそうな勢いです。
く〜〜〜かわいい〜〜〜!!
b0082951_18114038.jpg

[PR]
by jnga-diary | 2008-07-16 18:05 | Sharing Nature

ふりかえり

ばうです。

告白。最近、自分自身で「ふりかえり」をしています。

北八ヶ岳のある小屋で。小屋の親父さんと夜な夜な語り合っていて、外にあるトイレにいった時。小屋の扉をガラガラと開けると、目の前にぶつかりそうになる何かがあって、ひょいとよけたら、それが星だったことがります。遠近間も何もなくなっていたのかウソのような感覚。あるいはめまいのような感覚。しばらくして、空の天蓋に星屑がちらばっていました。

そんな話を小屋の親父さんに言ったら、親父さん喜んで、「山にいると星にぶつかることだってあるんだよ」と話てくれました。

つけくわえて、親父さん「最近はね。山に入る人が詩人じゃなくなったからね。昔はね。もっと詩人がいたんだよ」

んー。思い出したこの言葉。大事なことのような気がしています。

そうか。ネイチャーゲームも大事なことを伝えているんだよなって。

今まで出会った人のことを思い出しては自分自身でふりかえりしているこの頃でした。
[PR]
by jnga-diary | 2008-07-15 23:59 | Sharing Nature

ブナの森で。

ばうです。
梅雨です。
森が元気になっていく季節ですね。
こんな時は、大好きな場所に行きたくなります。
僕にとってブナ森はそのひとつ。

学生の頃、山歩きが好きで、特に東北の森には思いいれが強い。
岩手県の花巻。詩人、作家、農業家の宮沢賢治に憧れて、賢治の気持ちを共有したいなんてことを考え、野宿をしながら、この地を歩いていることがあった。
賢治詩碑がある場所からは田んぼが見え、木の電信柱が並び、その向こうには早池峰山、岩手山が見える。
賢治の全集のめくってると、早池峰山や岩手山のことも書いてある。
じゃあいかなきゃ。
そんなふうにして、早池峰山を歩きにいく。

早池峰山にはハヤチネウスユキソウというエーデルワイスのような花が咲いているところ。
そんな程度の知識をガイドマップで得ておいて、とにかく大きなザックを背負って麓に向かう。
麓の宿営地で朝を迎えたときのこと。

ここはなんて気持ちがいいんだろう。周りの木がなんてきれいなんだろう。
その印象は非常に強く、今ではそれを思い起こしては、初心に帰れる出来事。

その頃、自然、木や植物に対しての知識はおおよそなく、名前を知らないで、山をガンガン登っていた。
今思い返せば、そのきれいな木の名前は、「ブナ」のこと。今でもブナは好きだけど、
その時の自分は、名前や意味を知らずして「きれい」だと感じうけたこと。
「ひとめぼれ」の状態。

これが、初心に帰れる出来事。なぜなのかな。と自分に問いかけて今時々省みる。
最近、自然の中に入って、木や植物に出会う時に、相手のことを知った気になっていないか。
出会ったそれらに対して、知識から先行して、知った気になっていないか。
急いで歩いてないか。
感動よりも先に、植物の名前をしろうとやっきになっていないか。
感動よりも、情報が包み込んでいるようなもどかしさがないか。
もちろん、知ること大切なことはわかっているのですが。。。

こんなわけのわからないような僕のつぶやきを、友人に話してみた。
「自然の中に入って、木や植物に出会ったときに、無理に名前を覚える必要はないんだよ。
しっかり見つめていれば、木や植物から、名前を教えてくれるよ。それまで、じっと相手をみてあげることだよ」
「木が名前を教えてくれるよ」そう応えてくれた友人の言葉。もう10年くらいたつけれど、忘れられない大切な言葉。今、その友人は樹木博士になって岩手大学で教壇に立つ。

思い返してみて、「ひとめぼれ」したあの木。ずっと思い続けて、ある時、ブナだったことがわかって、僕にとって大切な木になっている。木から教えてくれた名前だったのか。

つらつら思い起こしていると、木や植物、様々な自然が、自分に教えてくれる。
そんな自然とのかかわりを大切にしたいな。

んー。今日は色々思い起こせた。自然と友人に感謝。
ブナの森にまたあいさつに行こうかな。
b0082951_954760.jpg

[PR]
by jnga-diary | 2008-06-12 23:54 | Sharing Nature

くまもと土産

ばうです。

全国研はお疲れ様でした。
昨年の高知に続き、今年も美味しかったです!
海の幸がたくさん!
嬉しかったですねー!
ボクは東京湾を見ながら育ったのですが、やっぱり自分が海の子だったことがわかりました。
海の夕陽、海の香り、夕凪、潮目、船の跡、海風、潮っぽい身体(べったり感)などなど。
「あー、いつも見てるなー」と思ってしまいました。
海を通じて、つながること。身体に染み付いているのでしょうね。

熊本のお土産。皆さんは何を買って帰ったのでしょうか。
ボクはですね。
水俣のお茶。
不知火のじゃこ。
天草のエビせんべい。
熊本空港で買った香梅の陣太鼓というお菓子。
買っちゃいますねー。そんな経験はありませんか?

ちなみに、天草のエビせんべいは、日本協会の留守番スタッフのために買ったのですが。。
なんと!ボクの家に保管していたら、3ぶんの1も食べられちゃっていました。
そんな経験はありませんかね。今度からメモ貼っておこ。

そんなことも、ちゃんと許してくれるうちのスタッフ。ありがたい!


b0082951_9325316.jpg

[PR]
by jnga-diary | 2008-06-05 18:10 | Sharing Nature
なべです。
6月3日のブログ当番は私だったのですが、ちょっと油断している間に「わたなお」に先に書かれていました。研究大会のことを・・・。
しかも使おうと思っていた写真かぶってるし。
でもそんなの関係ねぇと言う事で気を取り直して。

熊本県で開催された全国ネイチャーゲーム研究大会に行ってきました。
梅雨入りしたにも関わらず、3日とも気持ち良く晴れ渡り、とても良い大会となりました。
熊本県スタッフおよび九州スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

なべの印象に残っているいくつかをご紹介

球磨焼酎全員集合!
 ウエルカムパーティの会場には、球磨焼酎を作っている全28の蔵元から、それぞれお勧めの球磨焼酎が提供されました。
 これがうまかった。さすがに全て飲めたわけではありませんが、それぞれにどれもうまい。帰りの熊本空港ではもちろん球磨焼酎をお土産にしたのは言うまでもありません。
b0082951_13462781.jpg

美女軍団登場!
 これもウエルカムパーティの時ですが、突然頭に灯籠をのせた着物姿の美女たちが登場。
 これ、熊本夏の三大火祭りのひとつの山鹿灯籠まつりの方たち。
 いやいやいやいやいや〜この踊りが本当によかった。
 きれいで優雅で幻想的で艶やかで・・・。携帯やデジカメで撮影する多くの参加者に負けじと私最前列でバシバシ写真とっちゃいました。満足。
b0082951_13464698.jpg

海上小学校!
 海の上に建てられた小学校。波の音を聞きながら授業するなんてなんだかいいですよね。
 窓から釣り糸をたらして釣りするとか、窓から海に飛び込むとか、台風の荒波を窓越しに観察するとか、実際にやっているかどうかはわかりませんが、夢と妄想は膨らみますよね。
b0082951_1347329.jpg

山の中の分校
 ワークショップで訪れた山の中の分校。日本人のDNAを鋭く刺激する「懐かしさ」いっぱいの校舎。今は廃校となっており、地域のスペースとして活用されているとか。そこだけ時間が止まったような校舎の中の宿直室にも、懐かしさがこみあげるものたちが。動かない時間の中でじっとじっと誰かを待っているようでした。
b0082951_13471693.jpg


そうそう、大会終了後、佐敷駅での列車の待ち時間。
日本協会スタッフは、駅隣の店で買ってきたトビウオとタチウオの刺身を人目も気にせず、駅の待合室でガツガツいただきました。これもおいしかったです。

来年の大会は大阪です。楽しみ。
[PR]
by jnga-diary | 2008-06-04 13:57 | Sharing Nature

しめしめ

なべです。

先週仕事で北海道の日高に行ってきました。
施設で昼食をとりながらふと窓を見ると、その瞬間窓に鳥が激突!
近寄ってみると窓には羽の後が。
これはシャッターチャンスとばかりにデジカメを持って駆けつけてみると
きれいなタンポポの傍らに毛並みの大変美しい鳥が一羽。
脳しんとうを起こしているのか、
怪我しているのかわかりませんが、
動けないようです。
超接近して写真撮りました。
動けなくとも目は野生の力を失っておらず、攻撃的にこちらをにらみかえしてきました。
「シメ」という名前の鳥だそうです。
早く動けるようになるといいねと思いその場を離れました。
b0082951_9114423.jpg

b0082951_9115478.jpg

仕事が終わって帰り際、施設の職員さんから聞きましたが、
あの後すぐにキツネが持って行ったそうです。
命のつながりを実感。
[PR]
by jnga-diary | 2008-05-23 09:18 | Sharing Nature

梅雨は来ぬ?

きょ です。

東京近郊ではウツギが咲き始めました。
機械オンチの きょ は、カメラが苦手 f(^^;) なので
ネットでご紹介しようと思ったら…
いやはやすごい数の種類がありました (@@;)

アジサイ科:マルバウツギ、ヒメウツギ、バイカウツギ、ノリウツギ
スイカズラ科:タニウツギ、ニシキウツギ、ツクバネウツギ
ドクウツギ科:ドクウツギ
フジウツギ科:フジウツギ
ミツバウツギ科:ミツバウツギ
バラ科:コゴメウツギ

しかも きょ が最もポピュラーだと思っていたのは
このリストにない ハコネウツギ
どういう訳か、白とピンクの花が混在している不思議さと
雨が似合うような ゆかしさが好きです。

5月末、会津での山菜天ぷら三昧で幕を開ける溪歩きは
すぐに雨と背中合わせの季節を迎えます。
溪筋の雪も消え、濡れてももうさほど寒さを感じない6月の溪歩き
会津や那須のたおやかな溪の帰りなどに
ふと道端に零れるように咲くハコネウツギは
梅雨の近いことを感じる、そんな花です。

あぁ、今年は山菜食べられるかな〜…
[PR]
by jnga-diary | 2008-05-21 18:10 | Sharing Nature